土木用耐火モルタル新施工方法(特許取得)

HOME»  耐火システム»  耐火モルタル新施工方法(特許取得)
耐火モルタル保持用部材

トンネルの耐火施工方法(特許証)耐火モルタル特許出願中の、新施工方法です。

特許件名:「耐火モルタル保持用部材及びトンネルの耐火施工方法」

下地基本構造材にSUSリブを使用することにより、中空部分でも耐火表面施工が可能となる新しい工法。
耐火性能、耐久性能に関しては、さまざまな試験により、十分な性能を有していると確認されております。
詳細情報は、お問い合わせください。
 

 

 

 

特徴

  • 耐火モルタル保持用部材

    耐火モルタル保持用部材

    下地基本構造材にSUSリブを使用することにより、中空部分でも施工が可能。

  • 吹付け作業

    吹付け作業

    ガンによる効率の良い吹付け作業が可能です。

  • グラスファイバーマットの伏せ込み作業

    こて塗り伏せ込み作業

    グラスファイバーマットのこて塗り伏せ込み作業。

  • 施工完了

    作業完了施工面

    薄くて軽量な施工面。特急出願中の新工法です。

 

 

優れた耐火性能

耐火モルタル優れた耐火性能RABT曲線の場合
最高温度1200℃のRABT曲線を用いた耐火試験はもちろん、1350℃のRWSにも対応できます。

 

 

熱伝導シミュレーション

耐火モルタル熱伝導シミュレーションRWS曲線の場合
最高温度は250℃以下であり、要求性能を満足している。

RABT(4時間)の場合
最高温度は350℃を下回っており、要求性能を満足している。


 

このページのトップへ
Contact Us メールまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。03-5850-6273